【aga見分け方.com】     AGAで全スカとは?

トップ    >    AGAで全スカとは?

AGAで全スカとは?

全スカはagaではありません

全スカとは、「全体スカスカハゲ」の略です。 前頭部、頭頂部、側頭部、襟足も、均等に抜けていく薄毛・禿げのことです。

aga(男性型脱毛症)では主に前頭部の生え際の後退(M字型)や、頭頂部の薄毛(O型)が起きます。 それと全スカは症状が違います。ですから、同じ薄毛でありながら、agaとは違う対策をする必要があります。

全スカについては、現在医学的にハッキリとした原因は解明されていません。 血虚、多汗症、自律神経失調症(男性更年期)、ホルモンバランスの乱れなどとの関連性が疑われています。

実際に、全スカが改善した例としては、 「体内の状況(おもに肝臓)が良くなるのに比例して、全スカが改善される気がする 」といった報告もあります。 詳しいことはわかってはおりませんが、agaのケースとは原因が違う、ということを念頭においておいたほうがよいでしょう。

また全スカの場合、シャンプーを変えて治ったという話はあまり聞きません。 しかし、AGAがシャンプーで改善する例は沢山ありますので、 まず自分がagaなのかそうではないのかをハッキリさせるための診断が重要です。

aga専門のクリニックに行って相談すれば、agaではない場合、そのことがはっきりします。

全スカの場合は、皮膚科や脱毛外来のある病院に行くのが一般的です。 また全スカの発症年齢も様々ですが、仕事で極度のストレスを受け短期間で発生するケースなどもあります。 このように、内的原因と外的原因に別れるのが全スカの特徴です。

無料カウンセリングを上手く利用することで、「改善のためにすべきことが」が、 今の状態よりも格段に明確になります。 本気で改善した人達は、カウンセリングを上手く利用しています。