【aga見分け方.com】     遺伝子検査でAGAになるリスクと、フィナステリドの感受性を知ろう

トップ    >    遺伝子検査でAGAになるリスクと、フィナステリドの感受性を知ろう

遺伝子検査でAGAになるリスクと、フィナステリドの感受性を知ろう

遺伝子検査で、事前のリスクにも備える事が出来る

AGA(男性型脱毛症)かどうかを判断する方法に、遺伝子検査があります。 これは病院やクリニックではもちろん、個人でも行うことができます。 個人で行う場合は、遺伝子検査キットが必要です。

遺伝子検査とは、 血液、口腔粘膜、毛髪、爪から遺伝子情報を採取し検査する方法で、 どの方法で検査しても結果は同じです。

遺伝子検査で分かることは、
・現在AGAかどうか
・将来AGAになるリスクが高いか低いか
・AGAになった場合に、治療効果が出やすい体質かどうか(フィナステリドの感受性)

の3つです。

したがって遺伝子検査は、親族に薄毛の人がいて、 自分もこれから薄毛になるのが心配な場合や、 抜け毛が気になりだして、本格的に薄毛になる前に対策を打ちたい、 と考えている人にもオススメです。

さて、病院で遺伝子検査を行う場合と、 個人で行う場合の違いについて下記にまとめます。 病院の方が費用は高いですが、もしAGAの場合はそのまま治療できるというメリットがあります。 個人で行う場合は、費用を抑えることができます。

【病院・クリニック】
費用: 20,000円以上(病院によって多少変動有り)
検査内容: 毛髪を採取
結果までの期間: 約1ヶ月

【個人(AGA遺伝子検査キットを使用)】
費用: 12,600円
検査内容: 口内の粘膜を採取し同封書類と送る
結果までの期間: 約2~3週間

「AGAになった場合に、治療効果が出やすい体質かどうか」を詳しく説明すると、 AGAの主な治療方法では、「フィナステリド」という成分を含んだ治療薬を用います。 この治療薬は何種類かあるのですが、中でも有名なものに“プロぺシア”や“フィンぺシア”という商品があります。

これらの効果には個人差があり、成分(=フィナステリド)の感受性が高いほど、良く効き、AGA治療に効果を発揮します。 遺伝子検査をすることで、あなた自身のフィナステリドの感受性を確認することができるのです。

もしも感受性が低い場合は、効果も低くなる傾向がありますので、フィナステリド以外の治療法に重点を置く必要があります。 感受性が高い場合は、プロぺシアなどを使って治療していくとよいでしょう。 とまあ、このような判断も遺伝子検査で可能です。

無料カウンセリングを上手く利用することで、「改善のためにすべきことが」が、 今の状態よりも格段に明確になります。 本気で改善した人達は、カウンセリングを上手く利用しています。