【aga見分け方.com】     AGAで頭頂部の薄毛はO型とよばれる

トップ    >    AGAで頭頂部の薄毛はO型とよばれる

AGAで頭頂部の薄毛はO型とよばれる

O型の原因の1つは血行不良、ミノキシジルが効果的

AGAのO型とはよく聞く言葉だと思います。 「頭頂部」が薄毛になる症状を、「O型」または「O字型」と呼びます。 上から見るとアルファベットの「オー」のようだからでしょうか。 頭頂部を中心に、円を描くように薄くなっていきます。

女性のAGAでは全体的に薄くなっても、男性のように完全に毛がなくなり、 地肌が丸見えになるということは少ないです。

街を歩いていても分かりですが、 男性にはかっぱ頭のように頭頂部が完全に禿げた人がいるのに対して、 女性にはそういった方はあまりいませんよね。

基本的に、M型やO型といったタイプは、症状の進行度によって発生するのですが、 どちらが先に出やすいかは、人それぞれの体質によります。 また、O字型の場合は、頭皮の血行不良が大きな原因の1つだとも言われています。

O型の治療に効果を発揮するのが「ミノキシジル」という成分です。 これを配合した製品には大正製薬の「リアップシリーズ」があります。 「リアップX5」や「リアッププラス」ですね。 リアップX5はミノキシジルを5%配合しており、リアッププラスは1%配合しています。

これらはメジャーな人気商品ですので、AGA治療の際に用いられることが多いです。 しかし、医薬品ですから、ジェネリック医薬品に比べると値段が高くなります。

また、アメリカのPfizer社から発売している「ロゲイン」もO型のAGAに非常に効果的です。 これも5%のミノキシジル成分を配合しています。 この商品は、“約30%の人に何らかの効果が見られ、10%弱の人は完全に回復すると”という 統計があるほどですので、期待できる商品です。 しかしこちらも医薬品ですので、少し値段が高くなります。

ジェネリック医薬品で購入したい方には、 ロゲインのジェネリック医薬品である「カークランド」がおすすめです。 しかし個人輸入となりますので、購入の際には、販売代理店をよく検討して購入してください。

また、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)というジェネリック医薬品もあります。 これはタブレット状になっており、塗り薬ではなく、飲み薬です。 少し前に流行った「ロノテン(旧名称:ロニテン)」という ミノキシジル配合の医薬品の、ジェネリックとなります。

このように、同じミノキシジルを使用するにしても、いろんな商品があります。 ですから、迷ってしまわれるのも無理はありません。

無料カウンセリングを上手く利用することで、「改善のためにすべきことが」が、 今の状態よりも格段に明確になります。 本気で改善した人達は、カウンセリングを上手く利用しています。