【aga見分け方.comm】     AGAで前髪の薄毛はM字型(そりこみ)とよばれる

トップ    >    AGAで前髪の薄毛はM字型(そりこみ)とよばれる

AGAで前髪の薄毛はM字型(そりこみ)とよばれる

M字は初期段階

AGAのタイプでも、前髪が薄くなり、額の形がM字型になるものがあります。 別名、そりこみ、などと呼ばれます。

M字型の薄毛は、AGAの中でも比較的初期段階の症状です。 このまま放置していくと、頭頂部も薄くなり、いずれは頭頂部の地肌が見えてきます。 同時に前髪の薄毛も進行し、額の生え際が後退していきます。

さらに放置を続けていると、頭頂部の禿げと額の生え際の後退部分がドッキングされ、 髪の毛は側頭部と後頭部にしかない状態、になります。髷はないですが、昔の殿様のような感じですね。

ただし、もともと額の生え際がM字の、自然そり込みという人もいます。 そういう人はAGAで無くても、そりこみがあります。 もちろん、自然そりこみだからといってAGAになりやすいだとか、そういった因果関係はありません。

M字はagaの症状の中でも、比較的初期段階に起きやすい症状ですから、 この段階で気になる場合は、すぐに専門の病院・クリニックに診てもらうことをおすすめします。

段階的には、まだ早期治療ですので、治療タイミングとしてはベストだと思います。 無料カウンセリングで、AGAの専門家にタダで診てもらうことも可能です。

無料カウンセリングを上手く利用することで、「改善のためにすべきことが」が、 今の状態よりも格段に明確になります。 本気で改善した人達は、カウンセリングを上手く利用しています。