【aga見分け方.com】     血液検査で血中のDHTの量がわかる

トップ    >    血液検査で血中のDHTの量がわかる

血液検査で血中のDHTの量がわかる

AGAのリスクや、治療効果を測る目安となるDHT(ジヒドロテストステロン)

血液検査をすると、自分のDHTの量が分かります。

DHTとは「ジヒドロテストステロン」の略です。 DHTは簡単に言うと、AGA発症の主な原因と考えられている「脱毛ホルモン」です。

脱毛ホルモン。。名前だけでも怖いですね(笑) とんでもないやつです(怒)

このDHTがAGAを進行させているわけですから、 DHTを抑えることができれば、進行も抑えることができる、というわけです。

DHTの量を減らす方法はいくつかあります。 しかしその前に、現在の自分のDHTの量を知りたいところですよね。

DHTの量が数字として分かっていれば、減った時にも数字が減りますから、治療効果も一目瞭然というわけです。 治療過程におけるDHT値の変化を測ることで、薬理効果の判定や治療方針に役立てる事が出来ます。

薄毛治療は長期にわたりますので、「経過を正しく判断する」ということがとても重要になってきます。 改善しかけているのに、判断を誤って間違った治療をすると、治るものも治らなくなってしまいます。

そういった観点からも、血液検査でDHTを測定しながら治療を進めたり、 AGAの疑いがある時点で、血液検査をしておくことはとても有益な事です。

血液検査は、病院やクリニックで行っています。 遺伝子検査の中に組み込まれている場合もあります。 費用は病院やクリニックによってまちまちですが、2万円前後のところが多いです。

ちなみに、DHTの量を抑える方法としては
・フィナステリドという成分が入ったプロぺシアやフィンぺシアを飲む
・ノコギリヤシという成分が入ったサプリを飲む
等があります。(このほかにもいくつかあります)

無料カウンセリングを上手く利用することで、「改善のためにすべきことが」が、 今の状態よりも格段に明確になります。 本気で改善した人達は、カウンセリングを上手く利用しています。